(この記事は過去に掲載したFacebookからの転載です)


クロッシング、観ました。



本当に、どうかフィクションであってほしいと、
目を覆いたくなるシーンばかりで。



苦しくなりました。



元は同じ国の中で、こんなにも違う世界があるなんて。



日本に生まれたこと、日本人であるだけで、
幸せなのだということを、この幸せを、
もっと重く受け止めるべきなんだと思いました。



どうしたら、あの国を救えるのかな。

どうしたら、世界すべてを笑顔にできるのかな。





無理だと思わずに、心から考えていきたいです。





I’ve watched Crossing, the Korean film.



Indeed, there are many brutal scenes that I wish they’re fictions.



So painful.



Once they are same country, but now people lives a completely different life.



I think we should take more seriously that we are happy to just be a Japanese.



I’m wondering,

How I can save the country.

How I can bring a smile to people all over the world.



I’d like to think about it seriously without giving up.






更新されたらLINEにお届け! 読者登録はこちらから。