先日、プレジデントでこんな記事を読みました。

小学生の体力「良好」率 中央区53.5%、荒川区29.2%
 
東京都の体力テストは、8種目(握力、上体起こし、反復横とび、50m走、立ち幅とび、など)の記録から合計点を出し、それをもとに5段階の総合評価(A~E)をつける形式です。私は、区切りのいい10歳という年齢の小学校4年生に注目し、そのうち男子のAもしくはBの評価を得た児童の割合を見てみました。

はて、良好な評価を得た児童の割合は、地域によってどれほど異なるか。

2013年度の都内23区のA・B評価率をみると、最高は中央区の53.5%、最低は荒川区の29.2%となっています。両者では、20ポイント以上も開いています。

これは両端ですが、都内23区の小4男子のA・B評価率を地図で表現してみましょう。図1は、4つの階級を設けて各区を塗り分けたものです。大都市・東京の子どもの体力地図をご覧ください。”

 

tairyokumap


富裕層が多い中央区、港区の子は「頭も運動も上」

関連しているのは、住民の平均年収です。
濃い色のゾーンには、タワーマンションが林立する中央区、六本木ヒルズの港区など、富裕層が多い区が含まれています。”


家庭環境とリンクした学力格差はよく知られていますが、体力格差の問題にも注意を払う必要がありそうです。サンマ(時間、空間、仲間)の減少により、子どもの自発的な外遊びが減っている(難しくなっている)のですが、3つの「間」のうちの「空間」は、公的に用意する努力がなされるべきでしょう。”
 なぜ、富裕層の子は下町の子より運動能力が高いのか?

 この記事を読んで、格差って本当に広まっているんだなあと感じました。

こういう記事を書くと、「お金なんて」という言葉が耳に入ってきますが、でも、お金は本当に必要ですよ。

これからの日本は特に、格差が広まってくる。アメリカの後追いをしているから、それは必ず来る。
そのために、今から何ができるか。

今の時代は「自己防衛の時代」だなんてよく言いますが、自分と、将来の自分の家族を守るためにも、お金を稼いでいく力を身につけないといけないんじゃないかな。

自分の考えが、家族も守っていける考えなのか。

もう一度、考えてみる必要がありそうですよね。 

 



更新されたらLINEにお届け! 読者登録はこちらから。