ライフスタイルコーディネーターのYUCAです。
熊本の震災、本当に大変なことになっていますね。
被災されたみなさまに、心より、お見舞い申し上げます。
Facebookで連日たくさんの情報がシェアされています。
多くの情報が錯誤する中で、どれが正しくて、どれが間違っているかなんてわたしは分かりません。
だけどね、この連日、Facebookを見ていてなんだかモヤモヤしていて。
うーん、この気持ち、どうに表せばいいんだろう?
って思ってました。
そして、今日、見つけたの!
ジェームス・スキナー(成功の9ステップの著者。7つの習慣の日本語訳もしている方)のメルマガで届いた言葉。
「人を助けたければ適度な非当事者意識が大事だ。」
私達は、人を助けたいと思った時に、
ついつい、相手の話に感情的に巻き込まれてしまい、
冷静な判断を欠いてしまい、結果的に相手を
助けることが出来なくなってしまう事があります。
例えば、誰かが、
「夫婦関係を良くしたいのだけど、
うちの夫はこんなにひどいんですよ。」
という話をしていたとしましょう。
そして、その人の話を親身に聞き、共感し、
相手に感情的に巻き込まれてしまったら、
単に夫が悪いという話になってしまい、
本来、夫婦関係を改善したかったのに、
離婚したほうが良い、なんて話になるかもしれません。
相手の話に感情的に巻き込まれてしまうと
状況が見えなくなったり、
問題の本質や、本来の目的から遠ざかってしまうこともあるのです。


ああ、これだよね、と思いました。
感情的に情報に振り回されるのではなく、冷静に、客観的にとらえること。
そうしたら、今すぐ物資ばかりたくさん送るのは得策ではないことや、
むやみやたらに情報ばかりシェアすべきではないということも分かるはずですよね。
あれだけの惨事です。
いくら物資を送ったところで、現地までは届かないでしょう。
特別にルートがある場合は別としてね。
それよりも、この大騒ぎが治まった後、どうするか、だと思うのです。
物資を送ることを否定したい訳じゃないんです。
ただ、わたしは、ね。そう思うのですよ。
だから、わたしは今回、物資を送ることじゃなくて、継続的に義援金を送れるシステムを利用しました。
自分の口座から自動引き落としになるシステムや、
クレジットカードで決済できるシステムなど、様々あります。
自分で調べて、情報源を見極めて、どれを選択するか決めていきましょ。


更新されたらLINEにお届け! 読者登録はこちらから。