こんにちは!
ライフスタイルコーディネーターの松浦ゆかです。

わたしは本を読むのが大好きで、小・中学生のころは学校の図書室の興味のある本を全部読破したほど。

昨年の納税時には書籍代が100万を超えるほどでした。笑

無料で運営しているFacebookサロン(参加は審査制。メッセージくださいね)には、読んだ本を片っ端から紹介していくスレッドがあるのですが、今日はその中から1冊、ご紹介しますね!

インベスターZや、ドラゴン桜など、大ヒット作を次々と世に打ち出している、三田紀房先生

わたしたちの世代ではドラゴン桜が阿部寛主演でドラマになり、山Pやサエコも出演していたことから記憶に残っていますよね。


インベスターZ


ドラゴン桜

実は、​三田先生、東大受験、高校野球、転職、起業、就職、ビジネス、勉強法、甲子園…などなど、本当に多岐にわたる作品を描き続けているんです。

しかも、徹夜が当たり前のマンガ業界で一切徹夜をしない!とのこと。

そんな三田先生の活字の著書、【​徹夜しないで人の2倍仕事をする技術 ─三田紀房流マンガ論─】から、わたしたち起業家にも通じるな~と感じたポイントを3つに分けてご紹介します。

​ 徹夜しないで人の2倍仕事をする技術
─三田紀房流マンガ論─から学ぶ、成功するための仕事術

マーケットの穴をねらう

三田さんの漫画って、「他にはない」が圧倒的な特徴ですよね。

高校球児が1000万貰って甲子園に行ったり、中高生が30億を投資運用したり、超バカ生徒が現役東大受験を目指したり…。

それはすべて、「針の穴」くらいに狭く狭く、テーマを決めているからなのだそうです。

たとえば、三田さんの作品の一つである、「アルキメデスの大戦」は、【戦艦】がテーマ。
それは、「戦艦大和の建造にいくらかかるのだろう?」とのギモンから産まれたマンガだのだそう。

戦争のマンガはたくさんあるけど、確かに戦艦大和の建造にフォーカスしたマンガはありませんよね。

こんなふうに、まずは小さいテーマを決めて、そこから発想を拡げているから、他にはない面白さがあるのだとか。

確かに、最近の起業女子界は、みんながみんな、同じことをしているように見えるな~と感じていて。

だからよく叫ばれているのが【差別化】とか【ブルーオーシャン】ですよね。

それを成功させるにはそのマーケットにある「空席」を探すのが必要不可欠なんです。

たとえば、わたしが主宰している起業塾、ライフクリエイトアカデミー(LCA)では「好きなこと×資質×マーケティング戦略」と謳っていますが、それもこの発想から提唱しているものです。

好きなことだけでは稼げない。だからきちんとビジネスの戦略を学ぶ必要がある。

だけど、好きなことが資質じゃない場合もある。それって、やり続けても苦しいだけ。

LCAではこういった視点からも商品設計を教えているのですが、意外と気づかない方って多いんですよね。

 

まずは、大成功者のマネをする

本の中で三田さんは

そもそも私は、「個性」などと言うものを信じていない。

よく自分の個性、オリジナリティーを見つけたり表現したりすることを人生の課題としている人がいるが、そんなものはそうそうあるもんじゃない。

と、断言しています。笑

これに関しては「自分の資質を生かそう!」と言っているわたしは全面的に肯定はできませんが、それでも、「資質が見つからないから動けない」「自分の資質が分からないので商品ができません」という声の多さに、それは違うでしょ!と思うのも本音。

何事もやってみなければ分からないのですよ。

たとえばわたしは、エステサロンを経営していました。

最初はとっても楽しかったのですが、組織がどんどん大きくなるにつれ、苦しくなっていきました。

その後、すべてを手放して起業コンサルタントとして再起業し、組織としてエステの技術を提供するのではなく、個人で持っている知識を提供するようになって、明らかに純利益が何倍にもなったのです。

伝わるかな?
これはわたしが、技術を提供するのも、知識を提供するも、組織をつくるのも、個人で働くのも、やってみたから気づけたことなんです。

自分の資質や才能が分からない人は、動けないんじゃなくて、それを理由にして動きたくないだけ。

まずは、好きだな、こうなりたいな、って思う成功者のマネをしてみましょう。

教わった通りに、型通りに、やってみる。とことん、やってみる。

そうすると、後から「自分の成功法則」が見つかるようになるんです。

 

とにかく早く結果を出す

起業コンサルタントをしていると、よく相談されるのが「なんでそんなにアウトプットできるんですか?」との内容。

実際にわたしは、こちらの公式ブログのほかに、FacebookアメブロTwitterInstagramメールマガジンLINE@と、7つの媒体で発信をしています。

ブログのネタが続かなかったり、提供できるものが思いつかなかったりする方が本当に多いな~と感じています。

だけどね、正直、アウトプットする内容なんて、そこら中に転がっているんですよ。

たとえばこの記事。

​ベビーカーひとつで得られる気づき

 
これは、街中で「最近ベビーカーをよく見るなあ」と感じたことから書いたものでした。

日々の中でアンテナを高く張っていれば、ブログのネタなんてどこにでも転がっているし、提供できるものもすぐに見つけることができます。

最近、「マインドアップ365!」として、毎日、LINE@で音声動画を配信しているのですが、これも自分自身が毎日メンタリストDaiGoさんのニコ生を流し聞きしていることから得た発想でした。

LINE@で配信すれば気軽だし、視聴者数もぐんぐん増えています♡

実は、三田さんの作品である、甲子園マンガ「砂の栄冠」も、身近なネタから生まれたのだそう。


砂の栄冠<

スポーツ新聞のベタ記事にあった、とある高校でのできごと。

毎日練習を見に来ては「甲子園なんて出られるわけがない。もし出られたら100万円やる」とヤジを飛ばしたおじさんがいて、結果チームは甲子園出場を果たした、という記事から発送を得て、作品になったのだそうです。

アイディアなんて、そこら中に転がっています。

早く結果を出したいのなら、何か一つでいいから、とにかくがむしゃらにやり続けること。

わたしも、SNS起業に来た当初は、ブログ5記事、Facebookも3回投稿、と、とにかく数をこなしました。

日常の中を、ちょっとアンテナ高くして見回してみましょう。

ブログのネタも、提供できるアイディアも、たっくさんありますよ!

 

徹夜しないで人の2倍仕事をする技術─三田紀房流マンガ論─オススメです!

30分くらいで読める短い本なので、ぜひ読んでみてください^^

三田さん流の仕事術の中に、起業で成功するための考え方がたくさん詰まっています。


徹夜しないで人の2倍仕事をする技術
─三田紀房流マンガ論─

松浦ゆか

関連記事

年間100万円本に投資するわたしが選ぶ、起業初期にオススメの本3選!

 



更新されたらLINEにお届け!
読者登録はこちらから。



ブログより100倍濃い!無料メール講座