こんにちは!
女性起業コンサルタント
ライフスタイルコーディネーターの松浦ゆかです。

昨日はひさしぶりに映画館で映画鑑賞!
聖(さとし)の青春」という映画を観ました。

難病と闘いながら将棋に人生を賭け、29歳の若さで亡くなった棋士・村山聖(さとし)の生涯を描いた大崎善生による同名ノンフィクション小説を、松山ケンイチ主演により映画化。幼い頃から腎臓の難病・腎ネフローゼを患い、入退院を繰り返した村山聖は、入院中に何気なく父から勧められた将棋に心を奪われる。師匠との出会い、そしてプロ棋士として羽生善治ら同世代のライバル棋士たちと死闘を繰り広げ、まさに命を削りながら将棋を指した村山聖の壮絶な一生が描かれる。

引用:映画.com

 

29歳で亡くなった、将棋の名人の羽生さんが唯一苦しめられた、棋士のお話。
病と闘いながら、厳しい将棋の世界で戦い抜いた、村山聖9段のお話でした。

映画を観て、「ああ、本当にわたしたちは、命を削って生きているんだよな」と、改めて思いました。

そして、羽生さんを倒すためだけに、将棋で勝ち続けるためだけに、懸命に、文字通り必死に生きた村山さんの姿は、まさに「熱烈」

ステージ3のガンになっても病院に一切いかずに将棋に食らいつくその精神。

熱烈に生きるってこういうことか!と、胸を貫かれた気分になりました。

実は最近わたし、週休5日になったことでちょびっと気が抜けちゃってまして、1日中マンガ読んで過ごす日とかあったんですね。笑

だから、なんだかすごく反省しました。

奇しくも昨日は、大好きなおじいちゃんの命日で。

人生って、本当に一度きり。

わたしは今、熱烈に生きているだろうか?

そう問いながら、生きていきたいなと思えた映画でした。

 

あなたは今、熱烈に生きていますか?

 

聖の青春
http://satoshi-movie.jp/

松浦ゆか

関連記事

【映画レビュー】いくつになっても、夢を叶えることはできるんだ(人生、いろどりを観て)

 



更新されたらLINEにお届け!
読者登録はこちらから。



ブログより100倍濃い!無料メール講座