こんにちは!
ライフスタイルコーディネーターの松浦ゆかです。

先日参加したホリエモン祭り
超豪華ゲストのトークショーは
ものすご〜く学びが多くて、皆さんにもぜひ伝えたい!!

学びが多すぎて何話かに分けて
お伝えしているのですが、今日は第2弾シェアです♡

※第1弾シェアはコチラ
幻冬舎・見城徹さんに学ぶ成功する人の3原則

第2弾シェアは
実はわたしが一番響いた
猫ひろしさんからの学びです!!

 

夢を叶えるための道のり

 

猫ひろしさんと言えば、
「ニャ〜」のギャグでお馴染みのお笑い芸人さん。

マラソン選手として、
オリンピックに出たいという想いから
2011年にカンボジア国籍を取得されています。
テレビでもずいぶん取り上げられていたので、
知っている人も多いんじゃないでしょうか。

しかし、カンボジア国籍取得によって
猫さんに対するバッシングがすごかったそうなんです。

カンボジアの人からすると
自分たちの出場枠がなくなるわけだし、
日本人からも「芸人はここまで落ちたか」と
世間から数々のバッシングを受けることになりました。

でも、ここで猫さんがすごいのが
決してめげなかったこと

芸人の仕事もある中、
毎日1日30キロ走り続け、
大会ではずーっと1位を取り続けていたんです!!

周囲に何を言われようと、
自分の夢を叶えるために、
目の前のことに集中して努力を重ねたんですね。

さらに、
カンボジアのことも勉強し、
地域の活動にも参加して、
現地の人との交流も深めていかれたそうです。

そんな猫さんの姿勢からか、
次第にみんなも受け入れてくれるようになり、
そしてついに2016年。

猫さんは夢を叶えたんです。
そう、リオオリンピックに出場を果たされました!!

 

職業カンボジア人!!

 


リオオリンピック出場で
夢を叶えた猫さんですが、
今は2020年の東京オリンピックを目指しているそうです。

今年で39歳。
なぜ目指すのか聞かれて、猫さんは
「カンボジアの仲間が来たら東京観光できるし、
その時、自分がガイドできるから」と答えられたそうです。

さらに、東京オリンピックの次のオリンピックは
現在選考中で、カンボジアが濃厚らしいんですが、
その時にはコーチになっていたいそう。

カンボジアには選手はいるけど、
陸上コーチがいないそうなんですね。
だから、猫さんだったらぴったりですよね。

自分にしかできないこと。
それは「旧日本人で今はカンボジア人」ということ。
だから自分は「職業カンボジア人」なんだと語る猫さん。

2歳の娘さんも「パパの職業は何?」と聞くと、
「カンボジア人」と言うそうです(笑)

夢を叶えるまでの道のりは
簡単ではなかったかもしれないけど、
だからこそ「職業カンボジア人」という
自分だけの強み、オリジナリティになったんですね!!

 

あきらめないことの大切さ

 

ここまでの話だけだと、
夢を叶えた人のサクセスストーリー。

でも最後に猫さんがおっしゃっていた
こんな言葉がすごーく刺さったんです。

ともかく怖かった。
何度もやめようと思った。
でも、どうしても諦めたくなかった。

猫さんの場合だと、
日本人じゃなくなっちゃうし、
言葉も分からない、伝わらないわけだし、
ものすごく大きな変化ですよね。
怖くないわけがない!

だから何度も諦めようと思ったそうです。
でもそれよりも
オリンピックに出たいという気持ちが強かったそうです。

やっぱりこれですよね。
あきらめないこと。

誰でも変わることは怖いんです。
新しいことをするのは怖いんです。
そしてそれは猫さんも同じだったんです。

わたしたちも起業をしたい!って思うものの、
やっぱり一歩踏み出すのが怖くなっちゃいますよね。

でも猫さんと比べてみてください。
猫さんは国籍まで変わっちゃうけど、
それに比べたらわたしたちの変化なんて小ちゃなもの。
起業くらいへっちゃらですよ!(笑)

夢を叶えるためには、
「あきらめないこと」。

これがとっても大切なことなんですよね♡

と、いうわけで。
今回は猫ひろしさんからの学びでした!

松浦ゆか

関連記事

幻冬舎・見城徹さんに学ぶ成功する人の3原則



更新されたらLINEにお届け! 読者登録はこちらから。