こんにちは!
ライフスタイルコーディネーターの松浦ゆかです。

ずっとずっと、
「犬を飼いたい!」と思っていました。

そして、
「飼うなら絶対保護犬!」とも。

念願かなって保護犬の里親となり、早1か月が過ぎました。

名前は「こころ」です。
でも、ここしゃんって読んでるので
自分はここしゃんなんだって思ってるみたい。笑

ここしゃんと一緒にいると、本当にたくさんの学びがあります。

ワンちゃんには「過去」も「未来」もない。

本当に、「今、ここ」しかない。

「今」が怖ければ不安だし、
「今」が幸せならニコニコ。

最近、マインドフルネスが注目されていますが、
ここしゃんを見ていると、
幸せを感じるための最大の秘訣は
本当に、「今、ここ」に集中することなんだな~と感じます。

ここしゃんは、ブリーダー犬でした。

7年半、ずっとずっと、狭いケージの中で、
お産マシーンとして、生きていました。

うんちまみれ、ホコリまみれの中で、
何度も赤ちゃんを産んで、
その子たちは売りに出されていき。

寒くて汚い、ケージの中で、
お外に行くその子たちを
見送るだけの人生だったのです。

約半年前、犬の保護団体、Wonderful Dogsさんがレスキューしてくれて、
ここシャンはようやく、外の世界に出ることができました。

その時のブログは
読むたびに涙が溢れます。

わたしにはとても綴ることのできない現実。

ぜひ一度、読んでみてください。

【トイ・プードル13頭レスキュー】

わたしが、犬を飼うなら里親!と
思うようになったのは、
こういった保護団体の方のブログを読むようになってからでした。

最初はすごく気軽な気持ち。

寂しい子がいるなら
せっかくならその子の里親になりたいな~、くらいの気持ち。

でも、様々な保護団体の方のブログを読めば読むほど、
ペットショップで売られている子の、ママたちの現実に、目をそらせなくなりました。

ここしゃんが特別、
酷い環境にあったわけじゃないんです。

ほっとんど、こんな環境ばかりなんです。

ペットショップで子犬を買うことを
わたしは決して、否定はしません。

でも、知れば知るほど、
わたしは、買えなくなってしまったのです。

ろくに運動もさせてもらえなかったから、
極端に足腰の弱いここしゃん。

乳腺腫瘍の手術の後は
おっきな傷が残ってて。

お口の中もボロボロだから、
固いものは歯が痛くて食べづらい。

ふかふかのベッドも知らない。
毎日ご飯がもらえることも知らない。
臭くない環境で眠れることも知らない。

そんな、人生だったのです。

だからね、ほんとーに、びびり〜〜な子。

でも、そんな中でも
頭がよくてわりとポジティブなところもあるここしゃんは、
怖くても少しずつ挑戦していくの。

平らなマットレスは平気だけど、
もふもふの掛布団は怖い。

お散歩は大好きだけど、
道端のマンホールとか、
信号のところにある黄色いぶつぶつとか、
ちょっとした段差とか、とっても怖い。

足元が変わるのがとにかく
「む〜〜り〜〜」な、ここしゃん。

だけどね、
根気よく付き合ってあげると、
びくびくしながらも歩いてくれる。
3回やればスルスル歩ける!

そんなここしゃんを見ていると、
ああ、わたしも、
次のステージに行くのが
怖いだなんて言ってられないなって、
心から感じるのです。

これからやろうとしていることは、
多分さらに、人生のステージが大きく上がっていくこと。

そのために会社も設立するし、
もっと勉強しないといけない。

やることも急激に増えてしまって、
スタッフは人員増加せざるを得ない状況に。

お外の世界は、怖いけど楽しいこともいっぱい!

それって、起業も一緒なんだよね。

みなさんも、ここしゃんと一緒。
会社員の枠の中から出るのは、怖いかもしれない。

でも、自由の世界には、
本当に楽しいことが、山ほど溢れているのです。

そして、わたしも一緒。
ステージが上がるということは、
世界が広がるということ。

きっと、楽しいことが溢れてる。

ここしゃんと出会えて、
わたしは次のステージへの決心ができました。

さて、あなたは?

大丈夫、怖くないよ。

ライフスタイルコーディネーター
松浦ゆか

追伸:ここしゃんをレスキューしてくれた
Wonderful Dogsさんでは
家族を待ってるワンちゃんたちが
まだまだ皆さんを待っています!

犬を飼おうかな~と考えている方は、
ぜひ一度、チェックしてみてくださいね^^


Wonderful DogsさんのHP

公式ブログ



更新されたらLINEにお届け!
読者登録はこちらから。



ブログより100倍濃い!無料メール講座