こんにちは!
女性起業コンサルタント
ライフスタイルコーディネーターの松浦ゆかです。

こんな本、ご存知ですか??

セーラームーン世代の社会論

「月に代わっておしおきよ!」、セーラームーンに明るくなくとも、このセリフは聞いたことがあるはず。2012年に20周年を迎え、作品が連載されていた『なかよし』は2014年12月で60周年。ここしばらく、記念プロジェクトで何かとセーラームーン周りが騒がしい。

そんな中、昔セーラームーンを観ていた世代を分析した『セーラームーン世代の社会論』(すばる舎)が登場した。書いているのはなんと、40歳の男性。「17歳の男子高校生のときにセーラームーンに熱中していたけど、当時まだ“オタク=変態”という考え方があって、誰にも言えなかったですね。ここ数年、アニメ史のうちの一つに数えられて、セーラームーンが古典になりつつあるので、こうして堂々と語れるようになりました」と著者の稲田豊史氏は言う。

稲田氏は本書でセーラームーン世代のことを「渦中の人」と称している。おそらくアラサーと言われる女性が対象となるはずだが、上司がいて、同僚がいて、そろそろ部下もでき始め、購買力もあって、結婚が取り沙汰される年齢でもある。仕事やプライベートで、セーラームーン世代と関わらないほうが難しいくらいかもしれない。この「渦中の人」であるセーラームーン世代とはどう接していけばいいのだろうか。

引用:「『セーラームーン世代の社会論』 彼女たちの仕事観、恋愛観とは?」ダ・ヴィンチ

この本によると、
セーラームーン世代とは、1982~1993年生まれの女性のこと。
そして、コア世代は28~29歳とのこと。

現在29歳のわたしは、
超ドンピシャ、セーラームーン世代!笑

この本を見つけて、一気読みしてしまいました。
そして、いろいろ思うこと。

神田昌典さんもおっしゃってたんですが、
子供のころに見るアニメは、
潜在意識の中でわたしたちの性格に影響してくるらしい。

この本の中で、
セーラームーン世代の特徴が
いろいろと描かれているんですけど、

確かに!と思うことが多かったので
内容を紹介しつつ考察していきたいな~と思います^^

セーラームーン世代は「恋も仕事も趣味も、全部に全力投球!」という、欲張りでエネルギッシュな人たち

わたしたちの世代って、
「ゆとり世代」って揶揄されてきた世代でもある。

だけどね、わたし、思うんです。
ゆとり世代の方が将来のことを真剣に考えているって。
このことについては、以前ブログにも書きました

プライベートも大事にしたいし、
仕事でも出世したい。

そう思う女性が多い気がします。
だからこそ、「キャリアか家庭か」の
どちらかを迫られて、苦しくなってしまう。

キャリアを選べば、どんどん恋ができなくなるし、
家庭を選べば、自己実現ができなくて悩む。

それが、アラサー世代に
起業家が多い理由なんじゃないかなーと思っています。

事実、わたしのクライアントさんも
いちばん多いのはセーラームーン世代ですしね。

自由になりたい。
自分の力で立っていきたい。

そう思うのは、この世代に多いと思うのです。

セーラームーン世代は働いていても、ママになっても、「女の子」

and GIRLっていう雑誌
この世代をコアターゲットにしているように、
ずっと「女」ではなく、
「女の子」でいたいっていう人が多い気がする。

かく言うわたしも、
どれだけお仕事できても、
女の子らしさは忘れたくないなって
ぶっちゃけ、思っています。笑

だからこそ、「ゆるふわ起業」とか
「ママでも可愛く」とか、
「可愛いままで年収1000万」とか
女の子を連想させるキーワードがウケるんじゃないかと。

男に負けたくないって
潜在意識的に思っているのも、この世代の特徴な気がしています。

あと、すごく思うのが、
バリバリ働く奥さん&サポートする旦那さん
という、起業家カップルがめっちゃ多い!

この本によると、それもセーラームーンの影響らしい。笑
たしかに、タキシード仮面様は手伝ってはくれるけど
とどめを刺すのはセーラームーンだもんね。

ちなみに、男に負けたくない、っていうのも
アニメの影響らしいですよ。
敵キャラが男ばっかりだったからだそうな。
なるほど~笑

アニメの影響がどこまでなのかはわかりませんが、
まあでも確かに、多いですよね。

「結果重視」ではなく、「結果も過程も」大事にする

わたしたちより上の世代の方って
「結果が全てだ」っていう方、多くないですか?

みなさんの上司の方はどうでしょうか。

でも、わたしたちの世代って、
「確かに結果も大事だけど、
そこから何を学べるのかも大事」
って人、多いと思うんです。

要は、仕事にやりがいを求めるタイプ。

それも、セーラームーン世代の特徴とのこと。

特に、セーラーマーキュリー、
亜美ちゃんが好きだった女の子に多いのだそう。

なぜなら亜美ちゃんは、めちゃくちゃ勉強ができる。
いつもテストでは1番だし、全国模試でも上位。

だけど亜美ちゃんは
「結果が全てではない」と断言している。

そんな姿に憧れた亜美ちゃんファンの女の子には
超努力家で結果を出すタイプが多い。
そしてさらに、成長欲求が強い。

…ちなみにわたし、
亜美ちゃんが大好きだったのですが、
コレ、当たっています。笑

「○○パワー、メイクアップ!」に込められた本音

セーラームーンって、
変身してもあんまり見た目が変わらないんですよね。

そして、特にそれぞれの性格が
変化するわけでもない。

与えられる能力って、
それぞれの個性を生かした必殺技とか、
アイテムなんですよね。

「変身」することで、
それぞれの特徴が強化されるだけ。

本の中から引用すれば
「機能変更」ではなく、「機能強化」

つまりは、メイクアップはするけど、
「ありのまま」の姿で、ちょっとだけ強くなって、
敵と戦っているんです。

だから、わたしたちの世代って、
「自分らしさ」を大事にしたい人が多いと思いませんか?

会社で自分を押さえつけるよりも、
能力を発揮させてくれる場所に行くと
ものすごい力を発揮する。

自分の資質を殺して、
苦手なことをやるのって苦しいもんね。

まこちゃんが怪力を生かせずに
うさぎちゃんの立場にはなれないですから。

だから、セーラームーン世代って、
起業する女性が多いんじゃないかな~と思うのです。

事実、わたし自身も、
自分の資質を生かせるビジネスを展開してから
一気に売り上げも上がるようになったし、
人生も変わりました。

「資質を生かす」というテーマも、
わたしたちの世代の特徴なのかな~と。

セーラームーン世代は最強!!

いかがでしたか?

わたしにはめずらしい、考察記事でした。笑

こういう記事あんまり書かないので、
ぜひご意見お聞かせください♡

セーラームーン世代に関する記事は、
いくつかシリーズで書いていきたいと思います^^

次回は、セーラームーン世代のともだち事情。
お楽しみに!笑

月曜日のメルマガでは
好きなキャラ別性格診断もお送りしますよー!笑

http://yucamatsuura.com/mail/
松浦ゆか

関連記事はコチラ
http://yucamatsuura.com/5478103/

http://yucamatsuura.com/6013102/



更新されたらLINEにお届け! 読者登録はこちらから。



The following two tabs change content below.
yucamatsuura

yucamatsuura

ライフスタイルコーディネーター。 25歳で起業、27歳でサロンオーナーに。現在29歳。 起業のコンサルタントとして、0からはじめて3か月で理想のライフスタイルを叶えるお手伝いをしています。 海と読書と旅行が大好き♡ 元ミュージシャン、ナレーター。